看護師の転職

サイトマップ

ヘッダー画像

トップ >


看護師の転職





看護師の多くが今の職場よりもさらによりよい条件の病院で働きたいと考えて
いるようです。
とくに給料や休暇などの待遇面に問題がある人や、Iターン・Uターンによって
地方の病院で働きたいと考えている人もいます。

さらに、夜勤などのある大病院を離れて日勤だけでよい病院や街のクリニックで
働きたいという希望を持つ人もいるでしょう。


ただ、看護師の仕事をしながら転職活動をすることはかなり困難なことでしょう。

看護師の職場は交代制なうえ日常業務も煩雑です。
早朝から職場に入らなければならないこともあったり、勤務時間終了後に残業が
発生することもしばしばです。

このような状態ではもし自分が転職してみたいという病院が見つかっても、面接すら
行くのが難しいかもしれません。

そもそも看護師が働く病院とは女性がメインの職場です。
さらに病院独特のルールもありますので、女性同士ならではの人間関係によって
仕事に支障が出るほどのトラブルを抱えてしまうこともあるでしょう。

一度、女性同士で人間関係がこじれてしまえば、修復するのも難しく解決を新たな
職場に見出そうとするのは至極当然のことです。

職場は単に仕事さえしていればいいものではなく、人間のふれあいのなかでよりよい
チームワークを持ち患者さんに対する良質な看護を行うことができます。



転職先を探すときに大切なことは、職場の雰囲気が明るいかどうか、スタッフ同士の
連携はどうかを見極めることでしょう。

もちろん就職前にわかることはわずかかもしれませんが、面接時に看護部長さんから
職場の空気について質問してみたり、実際に働いている人がいれば知人のつてなどで
感想を聞くことも大切となります。

このほか、人間関係をうまく乗り切るためにコミニュケーション能力を高めたり
言葉遣いを見なおしたりすることも重要です。

人間関係のストレスが辛い時には産業カウンセラーなどを利用するのもいいでしょう。


転職はできれば少ないのに越したことはありません。
万全の準備を整えて新たな職場探しに挑みましょう。